ハローワークのサービス

ハローワークは公共職業安定所のことである。ハローワークの最大の使命は、労働をしたいという気持ちとそれを実現するだけの能力があるにも関わらず職に就く事が現状できていないという人に、仕事を紹介することだといってよいでしょう。ハローワークは職業紹介以外にも、雇用に関連して多様なサービスを行っています。

ハローワークが提供するサービスは、個人向けと企業向けとがある。個人向けサービスは、職業に就こうとしている人への職業相談、実際に存在する事業者への就職の紹介、職業訓練機関へ通うあっ旋といったような業務をおこなっています。また、失業給付など雇用保険の各種給付の窓口でもある。企業向けには、募集している求人情報の受付、就職したいと考えている人の紹介業務、雇用をおこなう上で必要となってくる情報の提供、従業員に関する雇用保険への加入、各種給付手続きの窓口業務を行っています。

ハローワークは、厚生労働省が管轄する無料の職業紹介所です。雇用保険の窓口にもなっているので、様々な利用者が活用しています。そんなことから、より多くのターゲットに向けて求人を行うのに有効なのです。

求人する際無料なので、採用コストを気にすることなく求人活動が展開できます。また、自治体ごとに設置されているので、地元採用を検討している企業にも向いているといえます。

一方、事業所登録シートや求人申込書に掲載できる情報量は極端に制限されてしまうため、求職者に十分な情報の伝達が難しく、雇用のミスマッチが発生する可能性があるので気をつけたいですね。ハローワークが行う求人情報の提供方法は、企業から求人情報を集めて様々な手段で求職者に提供しています。

求人情報はハローワーク内の情報端末で検索できるだけではなく、ハローワークインターネットサービスでも検索することができます。

ハローワークでの人材募集方法

ハローワーク経由の求人は、多くの企業で使われている募集方法です。

転職者がどういった方法を使って職を探しているかという調査があります。これによると、約3割の人がハローワーク経由で就職が決まっています。非常に大きな求人市場となっていることが分かる。人材紹介会社経由での就職は、転職者の中の限られた割合ほどでしかありません。以外と少ないのです。

そしてハローワークを利用しての転職をおこなった割合は、企業の規模が縮小されるほど増えているようです。小規模の中小企業では、転職者の3割強がハローワーク経由で就職しています。中小企業は、紹介手数料がかからないハローワーク経由での募集を重視しているところが多いようです。

次に、ハローワークの利用法について説明することにいたしましょう。ハローワークでは、いろいろな企業から、求人についての情報を収集し、求職者たちへと提供する業務をおこなっています。求人についての情報は、ハローワークに設置されている専用の情報端末を使用し検索して閲覧できるが、ハローワークのネット上のサービスでも公開しています。全国エリアで求職者を募集する場合、ネットでの公開を考えることもいいのではないでしょうか。ネットで求人を公開しないという場合、事業所を管轄しているハローワークのみでしか求職者側がその条件や内容を知る事ができません。

公開方法についてはおおきく3つがあります。

その1、すべてのインターネットのハローワークサイトを利用する者に対し、事業所名や連絡先等を含め求人の情報をオープンにするやりかた。

その2、ハローワークへ直接求職に訪れる者のみに限定し、求人の情報をオープンにするやりかた。

その3、求職者へは直接事業所名や連絡先を表示しない状態で、求人の情報をオープンにするやりかた。

なお、求人手続きの手順は、事業所登録→求人申込書の記載→求人情報の公開→ハローワークからの人材紹介→企業サイドでの選考→採否結果の連絡、となっています。

求人サイトは構造が重要

そしてハローワーク以外にも近年注目されている募集の方法が、求人サイトを利用しての人材募集です。ですが多くの制作会社は求人サイトの正しい構造を、明確に理解していないといえるでしょう。

構造があまりよくないと思われる求人サイトは、求職者たちからしても使いづらいと思えるだけでなく、検索エンジンにも評価されないことから検索順位が上がらず、求職者にサイトを見てもらえないのです。

求人サイト制作にまつわる問題は、↓のサイトに良くまとまっていると思います。

採用求人サイト制作のナレッジルームの記事
求人サイトの制作に失敗する、やってはいけない事

しかし、それぞれのページで適切なレイアウト・適切な機能の実装を行うことで、求人応募率をアップさせることができるはずです。

そして、人材求人サイトのSEO(ホームページが表示される順位を上げる手法)対策で失敗しない方法をいうと、間違ったSEO対策は逆効果であるということです。ある日突然、検索エンジンの検索結果に表示されなくなるという悲劇も起こりやすいのです。古いWeb制作会社のなかには、過去のSEO対策(現在では逆効果なSEO対策)を続けている会社があります。求人サイトを作る前に、正しいSEO対策を理解しましょう。

求人サイトは求職者の使いやすさを追求することが重要です。実際に、人気のある求人サイトは、お気に入り、最近見た求人、検索した条件、まとめて問合せなど、求職者の視点で必要な機能を実装し大きく育っているのではないでしょうか。

求人サイトの使いやすさを高めるには、機能やデザインだけでなく「表示スピード」も重要です。求人情報をさくさく検索できることで、求職者の満足度がアップするはずです。求人サイトでは超高速の言語を利用し、最新ソフトで作成されたサイトに勝るスピードを実現しています。求職者視点で実際の使い心地を確認する必要があるのです。

最新の求人情報をハローワークから自動で取得・更新し、毎日更新していくことで求職者が集まりやすくなるでしょう。
求人情報更新の手間がかからないので、求職者と企業のマッチングに集中できるのです。

人材募集で気を付けるべき3つのポイント

まず一つめは、必要とする人材のターゲット像を明確にする。ということです。これは、人材募集の目的に合わせて、年齢、性別、人間性のどんな面を重要視するのか、どのようなスキルや経験、知識を持っているのか、というように採用すべき人物像を明確にする必要があるからです。また企業の経営方針や経営戦略は、ときに変化しながらも日々成長させるため、ひとたび採用したいと決定した人物像を再び検討したり、前回に採用した実績についての検証といった見直し作業も重要でしょう。

二つめは、必要とする人材に届く手法を選定する、数多くの求人媒体があるが、新卒採用や中途採用、正社員とアルバイトといった雇用形態、営業職や管理職といった職種、IT産業や医療・看護業界、飲食業といった業種など、それぞれに得意としている強みがあります。

これらの求人媒体を選定する最も重要なポイントが、採用ターゲットに、その求人媒体でどのくらいアプローチできるのか、という点になります。様々な求人媒体の特性を把握し、自社の採用ターゲットに応じて使い分ける必要があります。大手なので、有名なので、安いので、無料なので、という理由が先に来ることはあってはならないのです。

三つめは、必要とする人材に届く情報の提供を、必要とする人材像が明確となり、そのような人材にアプローチできる求人媒体を、選定することができても、実際の求人情報が、求職者の求めるものとマッチしなければ、応募には至らないことです。