パンフレット
Uncategorized

パンフレット・ポスター・のぼりを活用しよう!

求人企業が店舗経営しているのであれば、店舗で行う求人活動も効果的である。店の前に置くのぼりで求人募集を告知し、店舗の外観に求人募集のポスターを貼り、店内の待合場所には求人パンフレットを置いておく。これらの合わせ技で効果があることがある。
ウェブサイト広告と比べると得られる応募数は劣ってしまうが、店舗を確認でき、その上で応募してくる人は意識の高い応募者が多く、採用に繋がる確率も高い。コストは初期費用だけで半永久的に効果を得られるようになるので、費用対効果はとてもいい。店舗を運営しているのであれば試してみる価値は大ではないだろうか。
求職者の行動パターンとしては、店舗で求人募集していることに気づき、ネット検索して採用サイトに訪れ、詳細をチェックすることもできるし、ネットで求人募集していることを知って店舗を見に来るということもある。店舗で行う求人募集方法が効果的なのは、採用サイトの存在が大きく影響していることが大いにあるであろう。常にスマホでネット検索できる現代は、いろいろ媒体で情報収集できるので、一つの方法だけに頼るのではで効果は薄い。あらゆる求人募集方法に取り組んでいかないと高い成果は上げられないと考えておいたほうが無難である。
もうひとつ、数ある求人媒体の中で最も効果があったのは、タウンワークということだが、タウンワークを利用する際には、オプションでつけられるインターネット広告は、ネット経由の応募も確認できるので、金額が加算されても出したほうがいい。タウンワーク本誌とネット広告の両方を使った方が費用対効果は高い。これは地域、業種、業態によって媒体の力は異なるだろうから、言い切れないが。求人媒体だけしかチェックせずに応募してくる方は意識が低く採用に至らないケースが多い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です