採用
Uncategorized

リスティング広告

採用サイトを宣伝する上で、費用対効果が圧倒的に高いのが、リスティング広告である。リスティング広告とは、グーグルやヤフーが提供しているインターネット広告サービスである。なぜ、リスティング広告は費用対効果が高いのかと言うと、ターゲットとなる求職者が仕事探しをする際に、検索すると思われるキーワードに広告を出すことができ、クリック課金の仕組みになっているからである。
よくある求人媒体のように、掲載する期間とサイズで料金が決まるのではなく、クリックして採用サイトに訪れた時に、広告費が発生する仕組みであるから、全く無駄のない広告運用が可能になる。画期的なこの仕組みで、リスティング広告はあらゆる広告の中で最も優れた広告と称されている。加えて、現在、ネット上で仕事探しをする人が6割を超えている。求職者がまずとる行動はネット検索である。その検索時に広告を出すことができるのだから、効果が出ないわけがない。
だが、効果的であるというリスティング広告に取り組んでいる会社はまだ少ない。リスティング広告の存在に気づかずにいる会社もある。なぜ、このような事態に陥っているのかというと、求人広告業界の悪しき習慣が影響しているのだ。求人広告業界というのは、求人の成果を上げることよりも、いかに営業成績をあげるかを重視している求人会社がほとんどなのである。つまり、求人にリスティング広告を利用されてしまうと、自社が扱っている求人媒体を利用しなくなってしまうので邪魔になっている、というのが現状である。自社の利益に繋がらないのだから、いくら効果的といってもリスティング広告の存在は無いものとし、自社が取り扱っている媒体を売り込みたい。だから、リスティング広告の良さに気づいている会社はごく一部なのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です