Uncategorized

面接とは

求人広告を出したあと、必ず待ち受けているといえるのが「面接」でしょう。面接は、今後入社して一緒に働く可能性のある人材と採用前に触れ合える貴重な時間とも言い換えることができるでしょう。つまり、企業としては、できるだけ多く相手の経歴や能力、性格といったような情報をつかみ取りたいところではないでしょうか。応募者側もどんな企業なのか、どのような会社の雰囲気なのか、人事担当や役員の人の対応はどのような感じか、精査しにやってきます。そこで、面接を実施するにあたり、気を付けたいことを見ていきましょう。面接とは、実際に会って話をすることで、業務の適正や能力、人となりなどを見極め、総合評価を行うことと言えるでしょう。仮に応募者の苦情対応能力や耐性を判断したくても、面接官が圧迫的な態度では応募者は本来の能力を発揮できず、面接官は対応能力無しと判断してしまうというケースもあります。本来なら、きちんと対応できる可能性のある人材を面接方法によって見落としてしまうということです。また、あまりに圧迫的な態度で面接を行うと人権侵害やパワーハラスメントと取られる可能性もあるため注意が必要です。

人権や差別に対する見識と配慮、観察力や客観的な判断力をフルに発揮して判断するようにしましょう。また、本籍地や宗教など人権侵害につながるような質問を企業個人で質問することは避けましょう。

面接を始めるにあたり、まずは、面接に出向いてくれた応募者へのお礼、担当者自身の自己紹介からスタートします。応募者は緊張状態にありますので、「今朝の行動」や「交通経路」など、応募者が話しやすい話題から始めましょう。大切なのは、企業と応募者は対等な立場であるということです。企業側が人材を選んでいるように、応募者も企業を選んでいます。上からの態度で面接しないよう心がけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です