Uncategorized

応募者を選ぶという目線は危険。

経営者がやってしまいがちな失敗の-つは、「応募者を選ぶ」という上から目線。企業は学生を選ぶ立場なのか?応募者側の視点を欠いていることで、上から目線での採用をしている点に問題がある。応募者を選ぶという発想があることで、より多くの人を集めようとしているからとも考えられる。

たくさんの応募者を集め、その中から自社が望む人材を選べばいいと考えている。「企業と応募者は対等である」という考え方も増えてきてはいるが、実はそれは建前で、面接の場になれば「選ぶ」という発想で考えてしまう。

買い手市場であれば、優秀な人材を採用できることもあるだろうが、売り手市場であれば、選ぶのは企業ではなく応募してくる人である。特にこれからの日本市場は、売り手市場が続くという予想がある。働き手が減少していることがその理由である。こんな状況において、選ぶ側の立場でいつまでも採用をしようとすれば、有能な人は応募しない。

応募者にとって企業選ぴは、人生における大きな決断である。特に、優秀な人材は引く手あまただ。企業側が差別化した方法で応募方法を工夫しない限り、自社に興昧を持とうとする人が増えるのは難しいのが現実ではないだろうか。

多くの候補者から必要とする人材を選ぶ。という発想を捨てられない企業は、今後、望む人材を獲得することは難しくなることを、考えておかねばならない。

企業は、選ばれる立場にあることを認識すべきである。どんな人材でもいいからとにかく採用し、後から教育すればいい。といった経営者の姿勢は経営者としての懐の深さを感じる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です