Uncategorized

求める人材像を明確に。

経営者がやってしまいがちな失敗の-つは、求める人材像があいまいであるということ。求める人材像とは、採用時におけるターゲットのことであり、その人物像があいまいなままでは、人材採用をうまく進められない。面接官によって選ぶ基準にブレが生じてしまう。人によって元気さや素直さの定義は異なり、主体性の感じ方についても

ちまちになる。 そして採用する人材が、本当に必要としている人材ではなく、当たり障りのない人材を採用することになってしまう。掘り下げが足りないので将来活躍する人材かどうかも分からない。これは、自社にとっても応募者にとっても、マイナスの影響を及ぼしてしまう。

正しく求める人材像を把握している企業は少ない。本来、自社にとって好ましい人材は何か。ということをよく考え、掘り下げておくべきだ。そして、そのうえで、活躍できる人材像を明確化し、採用ターゲットとして社内共有すべきである。 採用ターゲットを明確化するという過程を経ないまま採用活動を進めた結果、母集団至上主義に陥ったり、理念や価値観を共有できない人材を採用してしまうということになってしまう。

また、応募者の視点からみても、求める人材像があいまいではマイナスです。どの分野でも同様に、誰に対してのメッセージか分からないものは、誰の心にも届かないのだ。商品でもサービスでも同様。自社とマッチする応募者がいても、気づかずに応募するまでに至らないということになることがある。

ターゲットを明確にしているからこそ、メッセージが深く刺さる。採用される側は人生をかけているので、中途半端なメッセージでは心が動かないのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です