Uncategorized

質の高い母集団形成

理念採用という概念を根底にした、具体的に目指すべき人材採用法を見ていきたい。大きく分けては3つのポイントがある。ひとつは、質の高い母集団形成。これは、母集団至上主義から脱却し、自社の理念に共感してくれる質の高い人材を集めるということである。

これは、自社にとってより最適な人材の獲得につながる。質の高い母集団形成について意識して考えてほしいのは、応募者が内定承諾まで、どのように心理が変貌していくかということである。言い換えれば、内定を承諾してもらえるには、どのように心理変貌すればよいのか、と言うことである。

経営者や採用担当者に求められるのは、応募者が心理変容していく過程を認識するだけではなく、心理変容により、どのような施策を繰り出すかということである。どうすれば最終的に自社を選んでくれる存在にできるか、という点が大切になる。その具体的な施策の組み合わせが、自社にとっての最適な採用工程となる。

採用の流れを構築することが、質の高い母集団形成に寄与する。共感度が高いこととは、質の高い人材とは何なのか。それは、「理念への共感度が高い人材」と定義される。

実際の採用現場では、学歴やスキル、過去の活動を総合的に判断する選考が行われている。そうすることで優秀な人材を獲得する確率が上がると考えられるからである。 しかし、自社の理念に共感してもらえなければ、いくら高学歴でも、結果的にミスマッチになりかねず、活躍人材にはならない可能性が高い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です