Uncategorized

近年の求人難の問題

近年、メディアなどで新社会人たちが就職に苦しんでいるという話がされています。就職難といって取り上げられることが多いです。しかし、同様に経営者側の視点からも似たような問題があります。それが求人難です。中小企業はそのあおりを強く受けていて、人手不足・人材不足で倒産してしまう企業や経営不振に陥っている企業も少なくないとされています。この問題の根本的な原因は日本の少子化にあるため、すぐに改善されるということはほぼほぼ期待できません。なので、中小企業の経営者たちはこの問題の対策に頭を悩ませ続けなければなりません。

では、どのようなことをすれば対策になるのでしょうか。少子化による求人総数の減少は避けられないので、新卒社員に自分たちの企業の興味を持ってもらえるような工夫が必要となります。中小企業が集まって行う合同説明会では、参加する学生の数が著しく少ないという例が多々あります。中では、学生の人数よりも説明会のスタッフの方が多いということもあるそうです。そんな中で他の企業よりも学生の興味を引くためには、自分たちの企業の魅力や理念、社風や仕事内容を的確にわかりやすく伝えなければなりません。

そこで効果を発揮するのが求人用のパンフレットです。目を通してもらえるようにと厚みのないパンフレットよりも、しっかり自分たちの企業の魅力を伝える内容を盛り込んだ厚みのあるパンフレットの方が就活に悩む学生には響くのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です