Uncategorized

公募求人

インターネットによる公募求人は便利ですが、デメリットもあります。新聞や雑誌で求人情報を読み漁った経験のある人ならお分かりになるでしょうが、紙の媒体の利点は、偶然見かけた広告が求職者にとって条件の良いものであることが少なくない点です。それに対してインターネット上の求人は、求職者の検索行為に対する応答として一覧表示されたものの中から選ぶ方式なので、「偶然の出会い」を期待することが出来ません。また、インターネットはスマホやパソコンを通して閲覧するものですから、長時間読むことが難しいのも難点でしょう。

次に求人情報誌による公募求人についてご説明します。求人情報誌はそのほとんどが無料となっており、コンビニの入り口等に大量に設置されています。ターゲットとなる年齢層はインターネットによる求人よりも幅広く、60代の高齢者もよく利用しています。フリーペーパーであることから価格による差別化が難しく、写真、イラストを多用することで、街中の人を惹き付けています。メリットは、ネット環境に何らかの理由でアクセスできなくても利用できる点です。また、何とはなしに捲っているだけで、偶然良い条件の求人広告を見つけることもあります。インターネットは違い、長時間読んでも疲れにくいとされています。デメリットしては、1誌に掲載されている求人広告の地域が限定されることが挙げられます。特に首都圏の場合、求人数が多いことから細かく地域が分けられて、それぞれに1誌が割り当てられています。広告主としても、その全てに出すことは現実的ではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です