Uncategorized

新聞広告について

公募求人の媒体の1つに、新聞広告を挙げることが出来ます。ターゲットとなる年齢層は求人情報誌と同様に幅広く、20代から60代までとされます。大手の新聞に加えて、地方新聞でも取り扱いがあり、新聞を購入すれば誰でも見ることが出来ます。その反面、広告料はインターネットと比べても高く、紙面で割ける面積が限られます。また、新聞のフォントや色に拘束されるため、自由にデザインすることが出来ません。

新聞そのものと共に、折り込みチラシにも求人広告を掲載することが出来ます。職種に偏りがあるのが特徴で、介護職、清掃スタッフ等の求人が目立ちます。新聞の読者の年齢層が比較的高齢化していることから、チラシ広告のターゲットも30代以上とされます。チラシを用いた公募求人の効果には斑があり、掲載のタイミングに左右されるという特徴があります。例えば、過去にチラシで求人広告を出した際に10名の応募があったとしても、再び同じ内容、同じ方法で出したら応募者が0人となることも否定できません。タイミングの問題もさることながら、他のチラシに同業他社の求人広告が出されることもあり得ます。その同業他社の待遇が良ければ、閲覧者の応募はそちらに集中してしまいます。ですからチラシを使った求人広告は、応募者数を想定し辛いのです。

公募求人の媒体として珍しいのは、ポスターの類でしょう。駅や店舗に貼られているのをたまに見かけます。地元の人にとっては何度も目にすることから、親しみが沸くかもしれません。また広告料も掛からないため、気軽に出すことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です