Uncategorized

度重なる転職

転職はキャリアアップのためにするものですから、生涯の内、数回程度経験するのは自然なことです。キャリアアップを企図したわけではなく、解雇等のやむを得ない事情で転職に臨む人もいますが、彼らとて好き好んで何度も転職するわけではありません。他方、自分の意志で転職を繰り返す人がいます。苦労して就職してもすぐに退職してしまい、多くの会社を渡り歩くのです。退職は人間関係の不調を理由とすることが多く、行く先々で喧嘩別れしてしまいます。こうした転職は健全ではありませんから、忍耐力を身に付けてほしいところですが、無理をするのも禁物です。そこでどうしても同僚と仲違いしてしまう人にお勧めするのは、サラリーマンそのものを辞めてしまうことです。現代ではパソコンが一つあれば仕事に携わることが出来ます。被雇用者として毎日通勤するのは一つの選択肢に過ぎず、自宅で働くことも十分可能です。或いは知人と起業したり、経営者と知人になったりするのも悪くありません。赤の他人と机を並べても喧嘩してしまうことが分かっているのですから、最初から知人と一緒に働けばよいのです。

もちろんサラリーマンを辞めるのは最後の手段ですから、できることなら人間関係の改善に向けて努力し、勤続するのが得策です。大切なことは、冷静で居られるようにイメージトレーニングすることです。業務に関して分からないことは、プライドをかなぐり捨てて教えを請いましょう。諸事情で教えてもらえない時は、自力で勉強します。情報収集は本を用いてもインターネットを利用しても構いません。とにかく仕事の不出来が人間関係に影響しないように努力します。如何なる勉強もいつかは役に立つものですから、面倒だと思わないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です