Uncategorized

 ワークバランスとは

内閣府が打ち出す、「ワークバランス」は、私的生活が充実した労働者が、やりがいのある仕事を責任感をもって臨める社会づくりがベースとなっています。ベースづくりには、「個人の私生活」と「仕事を持ち働く事」への、調和や調整がうたわれていますが、どちらが欠けても、豊かな人間生活とはいえません。「生活」と「仕事」の片方を犠牲にする事で、成功者になる必要などもないのです。皆さんの生きるベースとなる、生活と仕事の相乗効果が生み出す産物そのものが、生きる力のパフォーマンスを向上させ、豊かに生きる糧となるといったような期待を込めた政策となっています。そのような豊かな環境づくりには、企業側から、労働者への多種多様な支援が必要となってきます。

 

  • 有給休暇取得率の向上
  • 残業時間の規制(長時間労働の削減)
  • 人件費の削減
  • 育児休暇
  • 短時間勤務制度
  • フレックスタイム制度
  • 在宅勤務
  • 男女均等推進

 

など、様々な企業側の対策が必要となると考えられています。

転職を試みたAさんの事例などをみますと、ワークバランスのとれた企業選びを優先的に、求人情報をリサーチしたそうです。最近では、キャリアコンサルタントによる、適性に合わせた転職に関するアドバイスなどを活用する人も増えてきています。今までの、時代背景には、不眠不休で働くお父さんが、家庭を顧みず企業戦士となって日本社会を引っ張ってきたイメージもありましたが、そのような働き方では、日本の未来に待ち構える、少子高齢化問題が、日本経済を停滞化させてしまうと言われています。今後の働き方としては、ワークバランスの取れた職場を探す事で、生活環境も、職場も活性化するといった充実が必須となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です