Uncategorized

リスクと年齢の壁

働き方におけるリスクとして、独立や転職を考える人々には、「年齢の壁」はつきまとうものです。市場に出回る求人枠をのぞいてみると、40代の壁と呼ばれているような、年齢による求人のボーダーラインのようなものが存在します。年齢における差別は禁止されてはいますが、実際、現場で求められる人員の枠は、30代までの人々への求人枠がほとんどを占めています。40代での転職を考える人々には、それなりの管理職経験が必要とされる求人がほとんどです。非管理職として求人枠に運よく収まり、転職が叶ったとしても、新天地では年下の上司に部下として仕えるといった、年功序列システムでの年齢の逆転が起こる事も考えられます。そうなってくると、ある年齢以上の転職は、限られたキャリア経験をもつ人々にのみ与えられたチャンスのようなものになってきてしまいがちです。ある一定の年齢に差し掛かった人々が、転職の次に頭によぎる離職行動は、「独立」となりがちですが、この独立に関しても慎重な行動力が必要となります。皆さんの職業人生においてキャリアを築く事は、ひとつの企業に属して定年まで全うする事だけではありません。所得や収入の増減を考えるのであれば、リスクを冒してでも踏み入れる「転職」、もしくは「独立」があるのかもしれませんが、やはり年齢の壁においてリスクは高くも低くもなります。年齢の壁が表わしている事柄は、求人枠の問題だけではありません。40代男性が長年同じ会社で勤務し、家庭を持ち、一家の主となると、そこには、様々に背負うものが現れるものです。住宅ローン、子どもの養育費、社内で長年構築してきた人間関係、企業年金、退職金などなど、その長年の蓄積には「転職」や「独立」において、目減りしたり、全てを失ってしまう事柄も含まれています。そうなるとどうでしょうか、職業人生におけるキャリア作りを考えてみますと、「転職」や「独立」は、ある程度の計画と目標をもって、若いうちにある程度、経験として積み上げておいても良いのではないでしょうか?若い世代での転職機会や自営経験が、万が一、失敗に終わったとしても、それは有意義な失敗体験の1つとして、職業人生のキャリアにはプラスとして加えられるかもしれません。社会を渡るにはリスクは付きものですが、狭い範囲での物事の判断ではなく、長期的なスパンや広範囲に渡る視野を身につけ、年齢に伴ったリスクを背負う事が、働く人生において重要なのではないかなと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です