Uncategorized

経営者と現場との違い

採用活動を行う際、担当者は経営者の求める人材像を中心に構想するかもしれません。それは間違いではないのですが、もう一つ重要な視点があります。それは、「現場の声」です。どのような人材を欲しているのかは、現場に聞いた方が具体的に理解できます。現場で働く社員にとっても、自分たちの声を真摯に聞いてくれる人に対して信頼を寄せるでしょう。採用活動は一応担当者が存在しますが、本来は社を挙げて取り組むべき業務なのです。

 具体的には、面接官研修を事前に行うべきです。その際、現場で働く社員に参加してもらいましょう。恐らく参加した社員は一様に、面接官の質問が現場のニーズとミスマッチしていることに気付くでしょう。それは面接官が経営者の声だけを重視しているからに他なりません。平社員が意見するのは大変なことですから、忌憚なく発言してもらえるように工夫することが大切です。

 現場の声は会社によって様々ですが、共通しているのは、人間力のある人を欲しているということです。つまり、先輩社員たちは、経歴やスキル以上に人間力が大切だと感じているのです。スキルは研修でいくらでも伸ばすことが出来ますが、人間力は生来のもので、何とも変えようがありません。例を挙げましょう。筆者は以前、医療業界の採用活動に協力したことがあります。その時、現場の看護師は皆「コミュニケーション能力のある人」「明るい人」等を理想像として挙げました。看護師としての腕よりも、性格を気にしていたのです。確かに看護師は専門職ですから、資格を有している時点でスキルの有無を問う必要が無いという事情もあるでしょうが、性格を重視する傾向は専門職業界に限らず、どの会社でも見られるものなのです。

成果が出せる求人広告トップはこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です