Uncategorized

薬剤師にしかできない事

調剤することが許されているのは、実は薬剤師だけなんです。そして、治療に必要な薬の種類・量・使い方を決め処方箋を出すことが出来るのは医師だけとなっています。病院などでは、看護師が注射薬などを取り扱うという事もありますが、これも医師の指示のもとで行っている診療補助の一つです。看護師が調剤を行うことはできないのです。このように、薬の処方と調剤を医師と薬剤師とでスれぞれ分担する事を「医薬分業」と言います。医薬分業を取り入れていることによって、処方箋の内容をダブルチェックすることが出来ミスを未然に防ぐという点に意義があります。また、患者さん自身が出された処方箋の内容を知ることが出来るという利点もあると言えます。さて、主に医師の処方せんに基づいて使用される薬の事を「医療用医薬品」と言いますが、これに対して、薬局やドラッグストアなどから直接購入することが出来る薬いわゆる市販薬の事を「OTC医薬品」と言います。このOTC医薬品の中でも、副作用などのリスクが不確定ないし高いとされているものについては薬剤師でなければ販売することが許されていないのです。実際の販売時も、必ず薬剤師が購入者へ情報提供することが義務付けられています。ドラッグストアで薬剤師が不在の際に購入できない薬があるのはこれが理由としてあるからなのです。なお、薬を販売する資格として薬剤師のほかに登録販売者という資格が存在します。ただし、登録販売者が販売しても良いとされているのは、比較的安全性の高いOTC医薬品のみに限られています。このようにして、人々が安全の元治療を行えるようになっているのです。

成果が出せる求人広告トップはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です