Uncategorized

NPの現在の日本での検討状況

いままで医師の働き方改革のために様々な検討をしてみました。
ここに来て「制度の変更待ち」では実用的とは言えません。
では日本ではナース・プラクティショナー=NPをめぐる状況はどうなっているのでしょうか?
既に現時点で、日本国内においてもNPを検討する動きが出てきているようです。
しかし、未だに慎重論が根強く残っているためか、法制化には至っていません。
慎重になる理由は、NPの業務範囲にあるようです。
既に導入されている各国では、NPは「医師の指示なく」決められた範囲内の医療行為を行うことができる存在です。
このことが、導入の必要性を含め、慎重な検討が必要とされている点のようです。
検討の具体的な動きとしては、大分県の看護系大学院の博士前期課程において、老年および小児のNP養成教育が開始されていたり、日本看護協会からは、NPの創設・法制化に関する意見書の提出が行われたりなど、水面下ではゆっくりとではありますが人材育成など根本的なところからも活発化しているようです。
NPに関連しては、「ナース・プラクティショナーの導入には、未だ議論が必要ではありますが、一定のニーズはあれば、そこに限定して導入していけば良いのではないか」といった現場の声も上がっているようです。
つまり、少なくとも期待の根拠となる検討は進んでいるようなのです。
今後、日本版ナース・プラクティショナーが現場で実用化する日は近いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です