Uncategorized

似たような名前だけど業務内容が異なる職業

助産師とは、聞いた事があるけれど、実際にはどんなお仕事をしている看護師さんなのかは、説明できないという人が多いのではないでしょうか? 看護師の求人情報を見ていても、助産師さんの特集が組まれるほど注目される職業であります。産科の減少で、「本当に助産師さんの需要はあるのですか?」と疑問に思う人もいるかもしれませんが、実際の助産師さんの求人は、「病院」と「助産院」に区分されます。

「病院の産婦人科」と「助産院」の違い
・病院・・・医師が居る
・助産院・・・医師が居ない
大きな違いは、医師が居るか居ないかの違いです。助産院では、分娩は、病気ではなく自然な人間の行為であるという考え方が反映されているので、医療を行う医師の存在がありません。では、助産院では、誰がいるのかという問題になりますが、助産院には、分娩のスペシャリストである、「助産師」さんがいます。

助産師さんの仕事
・血圧・体重・などの検査
・胎児のエコー検査
・食事指導
・妊婦の生活指導 など

助産師さんに行えない事は、医療行為です。ですので、帝王切開が必要な妊婦さんは、助産院での分娩はできないという事になります。助産師が医療行為を行う事ができない事から、助産院で分娩ができる妊婦さんは、基本的に健康でなくてはならないとされています。医師が不在な事から、妊婦の容態の急変時に、医療が行えない事が理由です。病院でも健康な妊婦さんの分娩には、助産師が介助を行っている事が多いそうで、分娩は、病気ではないので、医療は必要ないとの考えから、助産院で分娩を希望する妊婦さんは増えているようです。ですが実際のところは、助産院の数の不足から、妊婦さんのニーズに応えられていないのが現状です。助産院の人気は、アットホームな雰囲気にあるようです。分娩は人間の営みの自然な行いとする考え方が反映された、雰囲気が妊婦さんの出産への不安を和らげてくれるようです。助産師は、唯一、看護系の資格の中で独立開業の資格をもっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です