Uncategorized

転職のスケジューリング

看護師が転職活動を行う際、どのようなスケジュールで進めていけば良いのでしょうか。一般的に、看護師の転職には三ヶ月ほど掛かると言われています。ただし、仕事を辞めてから転職活動を行うのか、在籍中に進めるのかでも変わってきます。手続きの面から考えても、なるべく無職の期間を作らずに活動を進めた方が、余裕を持って転職活動を行うことができます。 生活が変わって物理的に仕事を続けられなくなったという場合でなければ、転職には何かしら辞めなければならない理由があったはずです。勤務時間や給与の問題、仕事内容など、それぞれ何かしら合わない部分はあります。次の転職先の条件として「絶対にこのポイントは譲れない」という部分を持っておく必要があります。一度働いたことがあるので、体感として自分で仕事については理解をしていると思います。条件を妥協して仕事を決めてしまうと、結局また転職となってしまう可能性も高いと言えます。 次に、実際の転職活動を行うためには求人を見比べる必要があります。この時、前もって決めておいた自分の条件からぶれないようにしましょう。求人サイトなども多くありますので、相談してみるのも良いかもしれません。実際に応募をしてみたら、すぐに書類選考や面接に入ることもあります。焦らないよう事前に書類の準備はしておきましょう。志望動機などは、声が掛かってからの作成となりますが、職務経歴書など作れる部分は先に作っておけば焦らずに済むでしょう。併せて自己PRの内容なども固めておけば、書類作成はもちろん面接の時にも使えます。看護師は人手不足の状況が続いているため、面接に進むことも早い場合があります。前もって準備を進めながら、スムーズな転職活動を行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です