Uncategorized

短期バイト

短期のアルバイトは、その名の通り期間を限定して働くアルバイトです。期間については、1ヶ月、長くて半年ほどを指しますがはっきりした期間は決まっていません。1ヶ月程度の短い期間のアルバイトはそもそも数が少ないため、日雇いの単発を連続して入れた方がすぐに見つかるかもしれません。短期のアルバイトは、例えば次の職場で働く前の繋ぎとして働く人や、事情があって短期間で稼ぎたい人など、その理由は様々です。期間の決まっているアルバイトですので人間関係などの悩みも持ちにくいですし、何かあっても割り切りやすく、正職員と比べれば楽な心持ちで働けると言えます。また、今まで自分のやったことのない分野に関しても、場合によっては勉強となるかもしれません。短期のアルバイトと言っても、仕事内容はほとんど看護師と変わりません。デイサービスや老人ホーム、訪問看護など広く求人の幅があります。
短期アルバイトのデメリットは限定的な業務になってしまうという部分です。ほとんど看護師と変わらない仕事といっても、任される仕事は限られたものになってしまいます。ここからスキルアップを目指すというのは難しいと言えるでしょう。短期間のアルバイトは、育児休暇や産前産後休業で、決まった期間を抜けてしまう看護師の補填として募集されることが多いそうです。そのため、求人は変則的で、募集数が少ないというデメリットも考えられます。そもそも看護師は人手不足の状態で、短期よりは長期の人手が欲しいと思っているのです。そのため、短期のアルバイトとなると倍率も高くなってしまうそうです。また、当然ながら福利厚生が劣る場合が多いです。2ヶ月以内の仕事であれば、社会保険に入れないということもあるそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です